分譲マンションを早く売りたいと思った場合には、価格を下げると良い反応が期待できるものですが、その後の人生設計を考えた場合、あまり思い切った値下げはできないという人もいるでしょう。そうなると、残念ながら反応が悪くなってしまうことがあるものですが、それを他の工夫でカバーするといったこともできますから、覚えておくと良いでしょう。

日本経済新聞の特徴につてをいくつか紹介しています。

魅力的な分譲マンションであれば、変に値下げしなくても、適正価格だと思ってもらえるものです。



ですから、その分譲マンションがどれだけ魅力を伝えていけるかが重要なわけです。

例えば、不動産サイトで設備が充実していることがわかると、魅力的な物件と思えるものですが、こういった単純な表記だけではわからない魅力というのもあるものです。

住んでいる人だからこそよく把握できている魅力というのが結構あるものですので、そういったことに重点を置いてアピールしていくのです。



設備のことは、サイトを見ればわかるわけですから、重複しないようにするわけです。
例えば、日当たりや風通しがどのぐらい良いのかを時間帯ごとに伝えてみたり、集合住宅で気になる人が多い音の静かさをアピールしてみるなど、アピールできるポイントというのは、結構たくさんあるものです。
もし時間に余裕があれば、簡単な資料のような物を作るのも良いでしょう。住んでいて感じられる魅力的な点や周辺にある施設のお得な情報などを簡潔にまとめておき、見てもらうことで、スムーズに魅力を伝えていけるものです。